猫の本棚名作紹介ブログ

古今東西の名作を日々の雑感もまじえ紹介します。読書で人生を豊かに。

山の音

f:id:nekonohondana:20211106134955j:image

#山の音 1949〜1954(昭和24〜29)

#川端康成 1899〜1972(明治32〜昭和47)

#岩波文庫

f:id:nekonohondana:20211106135143j:image


今まで読んだ川端作品とはだいぶ趣きが違う。

敗戦直後のある家族の風景を、老いを自覚するようになった父親の視点から季節の移ろいとともに描く。

 


62歳の信吾は妻保子と息子修一夫婦と暮らしている。修一は若妻菊子を裏切り浮気をしている。信吾はじっと耐えている菊子を気の毒に思うと同時に淡い恋情を抱いている。

 


信吾は妻保子に対して特に不満はないのだが、若い頃亡くなった保子の美しい姉のことを慕い今でもよく思い出していた。そしてその投影であるかのように菊子を愛していた。

 


千羽鶴』同様、鎌倉が舞台だが、さすがに敗戦直後のためか古都の風情はあまり感じられない。お寺の鐘の音も信吾の聴力低下を示すために描かれていた。信吾は認知機能や記憶力は少々おぼつかなくなっているが、東京にある会社に横須賀線で通勤している。

 


息子修一もその会社に勤めており、会社の女の知り合いの戦争未亡人と不倫をしているのだった。菊子はそのことを知り、そんな夫の子どもを産みたくないと中絶してしまう。修一は、中絶を止めるどころか不倫相手の絹子への手切れ金を取り返し中絶費用に充てるのだった。

 


信吾は、息子の不義を知り、相手の絹子を突き止め別れさせるが、絹子もまた妊娠しており何としても産むつもりらしい。

 


一方、信吾の娘房子も夫とうまくいっておらず、2人の小さい女の子とともに実家に転がりこんでくる。

しばらくしてその夫は、女給と心中し夫だけ助かる。

 


ストーリーは大変面白く読みやすく昼ドラ的展開を呈する。美しき日本はあまり描かれていないとは言ってもやはり日本的な小道具は使用されており、今回最も重要なものは慈童の能面。

信吾の見る夢も何やら意味深。

 


印象的な言葉—

「夫婦というものは、おたがいの悪行を果てしなく吸い込んでしまう、不気味な沼のようでもある。」

 


人生の深淵に触れるような小説でもある。繰り返し読みたい味わい深い名作。

 


#日本文学

#読書ノート #読書記録

老人と海

#老人と海 1952

#ヘミングウェイ 1899-1961

#福田恆存 訳

f:id:nekonohondana:20211102005624j:image
84日も釣果のない、運も尽きたかと思われる老人が、独り小舟で漁に出る。

 


若い頃の初読では、カジキと格闘する老人の、強いアメリカの象徴のような不屈の精神が印象的だった。

 


再読では、美しく大きいカジキや獲物を狙う鮫と老人との死闘が繰り広げられる臨場感と海の変化の描写に圧倒された。まるで大きなスクリーンで3D映画を見ているかのように。

 


ヘミングウェイの簡潔な文体がとても合っている作品だと思う。

 


そして明るいだけでなく陰影が、強さだけでなく弱さが、生き物との戦いだけではなく愛情が表現されていることに気づかされ感動した。何しろ獲物のカジキも自分の「兄弟」だというのだから。少年マノーリンがここにいてくれたら、と何度も海の上で老人がつぶやくのも印象的。

 


老人は、自身も傷を負い、翌日まで続く壮絶な知力、体力の勝負に打ち勝ちカジキを仕止めるのだが、ほっとする間もなく、血の匂いを嗅ぎつけてサメが次から次へと襲ってくる。一難去ってまた一難。自分だったら諦めてしまうかもしれない。

 


銛と綱はカジキに使ってしまったので、老人はナイフをサメに突き刺す。ナイフがなかったら、この老人、素手で闘うかもしれない。

 


老人はつぶやく。「けれど、人間は負けるように造られてはいないんだ。」「人間は殺されるかもしれない、けれど負けはしないんだぞ」

 

 

 

#アメリカ文学

#読書ノート #読書記録

#読書好きさんと繋がりたい

#本好きさんと繋がりたい

#本のある暮らし

 

蟹工船

#蟹工船 1929

#小林多喜二 1903(明治36)-1933(昭和8)

#岩波文庫

 

本日は選挙日ですね。

自分の生きる環境・社会を変えたいと思ったら選挙権使わない手はありません。

f:id:nekonohondana:20211031093103j:image

目を背けたくなるような日本の黒歴史。戦地の兵隊も悲惨だったが、労働者も悲惨だった。しかし立ち返って見れば、現代社会においても起こりえる、起きているかもしれない労働者の過酷な実態。

 


▶︎名もなき労働者たち

 


小説は「おい地獄さ行くんだで!」で始まる。

その言葉のとおり『蟹工船』の地獄図絵が展開される。

 


蟹工船』の残酷な実態が生き生きとした筆致で描かれている。小林多喜二26歳の作品。

主役はいない群像小説。名前がつけられているものは非道な監督の浅川以外、労働者は数名だが出番が多いわけではない。漁夫、雑夫、学生、水夫、火夫と職名で呼ばれている。

 


蟹工船』という歪んだ資本主義の構造自体が主人公というべきか。

 


▶︎「蟹工船」とは

 


蟹工船博光丸は400名もの乗組員を乗せて函館を出帆し、オホーツク海カムチャッカ付近を航海している。蟹工船は「川崎船」8隻のせており、漁夫たちは川崎船にのってカニを漁猟する。船上にカニを缶詰めにする工場施設がある。

ロシアの領海に侵入して漁をすることもあり、日本の「蟹工船」に対するロシアの監視船に出会うこともある。

 


▶︎斬新な比喩表現

 


「二人はデッキの手すりに寄りかかって、かたつむりが背のびをしたように延びて、海を抱かかえ込んでいる函館の街を見ていた。――漁夫は指元まで吸いつくした煙草を唾つばと一緒に捨てた。巻煙草はおどけたように、色々にひっくりかえって、高い船腹サイドをすれずれに落ちて行った。」

 


「納豆の糸のような雨がしきりなしに、それと同じ色の不透明な海に降った。」

 


▶︎労働者を虫けらのように扱う浅川

 


博光丸と並んで航行していた秩父丸からSOSが入り、船長が救助に向かおうとすると、浅川は救助に関わるとこちらの漁が遅れる、秩父丸は保険がかけられており沈んだら得をする、といってそれを阻止する。

 


秩父丸から何度も必死な打電が入るが、博光丸は助けにいかない。「沈没です!‥。」無電係は伝えた。「乗組員四百二十五人。最後なり。救助される見込みなし。S.O.S、S.O.S、これが2、3度続いて、それで切れてしまいました。」

——もっともやりきれない場面の一つ。

 


また、あるときは海に突き出ているウインチに雑夫を20分も吊り下げた。

 


漁夫たちは何日も続く過労や脚気のため限界にきていた。

 


ある日脚気で寝たきりになっていた27歳の漁夫が死んでしまう。浅川はまるでゴミでも扱うかのように新しい麻袋があるのに古い麻袋に死体を詰めて函館に連れ帰ることもせず海に棄てた。

 


▶︎全員で決起する

 


行方不明になっていた川崎船が何日かたって、意気揚々と帰ってきた。彼らはカムチャッカの岸に打ち上げられて、ロシア人家族に救われたのだった。彼らはそこに2日間いて、地獄のような蟹工船に戻りたくなくなったが、社会主義思想を吹き込まれ戻ってきた。

そして、乗組員たちは我慢の限界に達しストライキを起こす。

 


最後の付記に記された顛末で、いくらか溜飲が下がる。

 


#日本文学

#プロレタリア文学

#中編小説

#カムチャッカ

#読書ノート #読書記録

#読書好きさんと繋がりたい

#本好きさんと繋がりたい

#本のある暮らし

#本すたぐらむ

カラマーゾフの兄弟(下)

#カラマーゾフの兄弟(下)

#ドストエフスキー

#原卓也

#新潮文庫

 

f:id:nekonohondana:20210828184916j:image
怪演を見せた父親役の吉田剛太郎はすぐブレークしたが、登場シーンも少ない脇役で意外な地味な犯人を演じていた無名の俳優は忘れ去られた。松下洸平が朝ドラで人気者になっても、すぐにスメルジャコフ役だとは気づかなかった。何かの折にもしかしてあの時の役者は、と思い調べたらそうだったので得心した。

陰惨な事件を浄化させるような、救いのある終わり方でよかった。

・     ・     ・     ・     ・

第四部

第十一編 兄イワン

イワンは父親殺しについて召使いスメルジャコフを問い詰めた。スメルジャコフは犯行を告白すると、首を吊って自殺した。犯行の手口は緻密に計画され頭脳的なものだったので、スメルジャコフをバカにしていたイワンは驚く。

 


同じフョードルの息子なのに、召使いの待遇ということへの恨みと金銭窃盗が動機と思われた。

 


さらに、スメルジャコフは、父親に対し殺意を持っていたイワンは共犯で、しかも主犯だと脅す。

衝撃を受けたイワンは譫妄症になってしまう。

 


第十二編 誤審

公判が始まった。ミーチャ(ドミートリー)には優秀で良心的な弁護士が弁護にあたった。検察側の憶測・仮定にしか過ぎない陳述を覆すが、弁護側も証拠に乏しく譫妄症のイワンの証言能力も疑問視され、結局有罪になってしまう。

 

 

 

エピローグ

ミーチャは以前イワンが提案したアメリカへの脱走計画を実行することを決意した。グルーシェニカもついていくと言う。アメリカでしばらく生活したら顔を整形して愛するロシアに戻ってくると前向きに考えている。

公判の2日後イリューシャはこの世を去った。墓の前で家族と一緒に号泣する少年たち。

 


アリョーシャは石のそばで演説する。

「これから一生の間いつも思い出し、また思い出すつもりでいる、この善良な素晴らしい感情で僕たちを結びつけてくれたのは、一体誰でしょうか、… .それは僕らにとって永久に大切な少年イリューシャにほかならないのです!決して彼を忘れないようにしましょう。」

 


追善供養のホットケーキを食べに手をつないでいきましょう、とアリョーシャが呼びかけると、

「いつまでもこうやって、一生、手をつないでいきましょう!カラマーゾフ万歳!」コーリャが感激して絶叫し、少年たち全員が、もう一度その叫びに和した。

 

 

 

#ロシア文学 

#長編小説

#読書ノート #読書記録

#本のある暮らし

 

カラマーゾフの兄弟(下)少年たち

#カラマーゾフの兄弟

#ドストエフスキー

#少年たち


スピンオフドラマとして独立させたいような物語です。

 

第四部

第十編 少年たち

親殺しの話の前に、いったんイリューシャと同級生たちの物語に移ります。

 


まるで学園ドラマなのですが悲しすぎる展開です。

 


イリューシャは、上巻で衆人環視の中、ドミートリイに乱暴を受けた失業中の二等大尉スネギリョフの中学生の息子です。イリューシャはその父親の様子を少年たちにからかわれ、石を投げられたのだった。

 


父親はイリューシャのプライドを傷つけたくないからとアリョーシャの見舞い金を受け取らなかったという話でした。

 


しかし、少年たちのリーダー格コーリャによれば少し事情は違う。

 


コーリャは勇敢で腕白でかつ学業成績優秀だった。彼は少年たちと線路のレールの間に横たわるというチキンレースをし、列車が走り去るまで逃げなかったので皆から一目おかれていた。(実は気絶していたのだが。)

 


予備クラスに入った見すぼらしい格好をしているイリューシャを皆がいじめ出した。2級上のコーリャは遠くから見ていたが、イリューシャはちっぽけで弱々しいのに、気位の高い子で降参せず向かっていく。

 


コーリャはこういう子が好きなので、かばってあげて仲良くなる。

 


しかし、なにかのきっかけでカラマーゾフ家の召使いのスメルジャコフと親しくなったイリューシャは、彼に残酷で卑劣な動物虐待をそそのかす。どこかの番犬のジェーチカにピンを埋め込んだパンを与えたのだった。犬は姿を見せなくなった。イリューシャは酷いことをしたと後悔していた。

 


コーリャが残虐な行為をしたイリューシャと絶交すると、子どもたちは再びイリューシャをいじめ、石を投げたのだった。

 


そのあと、イリューシャは重病になる。子どもたちはアリョーシャに引きつられてお見舞いに行く。コーリャは責任を感じているのに、アリョーシャに言われていくのは嫌だ、となかなか行こうとしない。

 


何日かたってようやくコーリャは自分の犬のペレズヴォンを連れて見舞いに行く。

 


ペレズヴォンは実は、ジェーチカだった。イリューシャを喜ばそうと、コーリャが芸を仕込んでいたのだった。イリューシャはとても喜ぶ。

 


そこへ医者がきて、助けるのは難しいと父親に話す。それを察したイリューシャは

「パパ、泣かないでよ…、僕が死んだら、他のいい子もらってね… .イリューシャって名前をつけて、僕の代わりに可愛がってね…」

コーリャも父親も小屋の外に走り出て、泣き出す。

ところで、この早熟なコーリャはかなり背伸びはしているが、自分は無神論者の社会主義者だという。アリョーシャは、いったい誰にそんなことを吹き込まれたのだと驚く。だが、ずっと以前からコーリャはアリョーシャに憧れていたとも言う。2人はお互い意気投合したみたいだ。

 


しかし、ここでまた難解な言葉が!

 


「あのね、コーリャ、それはそうと君はこの人生でとても不幸な人になるでしょうよ」突然どういうわけか、アリョーシャが言った。

「知ってます、知ってますとも。本当にあなたは何もかも前もってわかるんですね!」

「しかし、全体としての人生は、やはり祝福なさいよ」

 


長老ゾシマがアリョーシャに伝えた言葉と同じでした。

「お前はこの壁の中から出ていっても、俗世間でも修道僧としてありつづけることだろう。大勢の敵を持つことになろうが、ほかならぬ敵たちでさえ、お前を愛することになるだろうよ。人生はお前に数多くの不幸をもたらすけれど、お前はその不幸によって幸福になり、人生を祝福し、ほかの人々にも祝福させるようになるのだ。これが何より大切なことだ。お前はそういう人間なのだ。」

第六編ー1中巻 p59

#読書記録

#読書感想

#名作 #ロシア文学

カラマーゾフの兄弟(中)

#カラマーゾフの兄弟(中)

#ドストエフスキー

#原卓也

#新潮文庫

 

f:id:nekonohondana:20210825225713j:image
世界最高の文学と言われる本書。

推理小説であり、宗教哲学書であり、恋愛小説であり、悲劇であり、喜劇であり、詩であり、そのテーマは愛、生き方、神と人間、信仰、家族、いじめ、児童虐待、愛憎・嫉妬を生む人間関係、身分の違い等々、およそ人間の抱える問題のすべてを含んでいるのではないだろうか。

 


中巻は感動と驚愕の展開です。

・     ・     ・     ・     ・

●イワンのイライラ

カテリーナに失恋した二男のイワンは、モスクワ行きを決め、その前にいったん家に戻る途中、なぜか憂鬱な気分におそわれる。家に着くと召使いのスメルジャコフが原因と気づく。

スメルジャコフは長男ドミートリイ(ミーチャ)と父親フョードル双方に頼まれ、2人を惑わせているグルーシェニカを監視している。スメルジャコフはグルーシェニカが訪れた際のフョードルへの窓をノックする合図をドミートリイに迫られ教えてしまったと言う。スメルジャコフは癲癇持ちで、癲癇発作が3日も続くことがあると言う。イワンはスメルジャコフと話しているうちにイライラが増大し、ついに怒りが爆発する。

🐾

知的でクールなイワンの怒りがエスカレートしていく描写が見事🐾

 


●ゾシマ長老の死

ゾシマ長老は永眠する前に、修道僧になった経緯や法話を語る。

 


心が洗われるような言葉があった。

「すべては絶えず流れながら触れ合って世界の他の端までひびくような大洋にひとしい。それを知ってこそ、小鳥たちに祈るようになるだろうし、歓喜に包まれたかのごとく、完璧な愛に苦悩しながら、小鳥たちが罪を許してくれるよう、祈ることができるだろう。」

「わが友よ、神に楽しさを乞うがよい。幼な子のように、空の小鳥のように、心を明るく持つことだ。そうすれば、仕事に励む心を他人の罪が乱すこともあるまい。」

 


「大地にひれ伏し、大地に接吻することを愛するがよい。あらゆる人を愛し、あらゆるものを愛し、喜びと熱狂を求めるが良い。喜びの涙で大地を濡らし、自分のその涙を愛することだ。その熱狂を恥じずに、尊ぶがよい。」

 


アリョーシャは長老の葬儀中、白昼夢でイエスの姿を見た。アリョーシャは夢から覚め、教会の外に出た。彼は泣きながら、嗚咽しながら、涙を降り注ぎながら、大地に接吻し、大地を愛することを、永遠に愛することを狂ったように誓い続けた。

 


「大地にひれふした彼はか弱い青年であったが、立ち上がったときには、一生変わらぬ堅固な闘士になっていた。」

 


●グルーシェニカとミーチャ

ミーチャはストーカーのようにグルーシェニカをつけ狙っていた。別れた夫とよりを戻したグルーシェニカがパーティをしているところに乗り込むとカードゲームで元夫がインチキをしているのをミーチャが見破る。グルーシェニカは元夫に愛想を尽かしミーチャを愛するようになる。

🐾

この後は怒涛の展開。

フョードルが何者かに殺され、ミーチャが容疑者となる。

 

 

 

#ロシア文学 

#長編小説

#読書ノート #読書記録 #読書ノート #読書記録

#読書好きさんと繋がりたい

#本好きさんと繋がりたい

#本のある暮らし

#本すたぐらむ

#bookstagram

金閣寺

新型コロナ感染拡大で、戦々恐々とする日々が続いています。私は新型コロナワクチン(ファイザー製)を接種しましたが、デルタ株に対する効き目は50%くらいということなので、引き続きかなり用心して生活しています。一年以上公共交通機関を利用していないかもしれません。毎年人間ドックや検診を受けていますが、それも先延ばしにしています。

 

ブログには久しぶりの投稿ですが、読書自体は続けており、Instagram に投稿していました。

 

今日ご紹介する本は今年5月上旬に読んだ『金閣寺』です。

それにしても、「世界を変貌させるのは決して認識なんかじゃない、行為なんだ」とは名言ですなぁ。

 

f:id:nekonohondana:20210823164023j:image

 

#金閣寺

#三島由紀夫

#新潮文庫

 


実際の事件を題材にとり、描かれた小説。

 


理解しにくい人物の、犯行に至る背景、心理、思想が一人称で豊穣な言葉で語られる。

 


共感はできないが、丹念に描かれているので、主人公の犯行に至った動機、屈折した想念は理解はできた。

 


*     *     *    *    *

▶︎美から疎外された「私」の心象の金閣に対する偏愛

「私」は京都府舞鶴の成生岬の寺の息子として生まれた。父はよく金閣寺のことを語った。

「父によれば、金閣ほど美しいものは地上になく、また金閣と言うその字面、その音韻から、私の心が描き出した金閣は途方もないものであった。」

 


「私」は生来の吃りで容貌も醜かった。

私という存在は、美から疎外されたものなのだった。

 


中学校の春休みに、父が金閣寺に連れていってくれることになった。金閣寺は想像していたほど美しくなかったので少年は落胆した。

 


父親は友人である金閣寺の住職に息子の将来を託し、岬の寺に戻るとまもなく大量喀血しこの世を去った。

 


「私」は金閣寺の徒弟になりこう呟くのだった。

『私の心象の金閣よりも、本物の方がはっきり美しく見えるようにしてくれ。またもし、あなたが地上で比べるものがないほど美しいなら、なぜそれほど美しいのか、なぜ美しくあらねばならないのかを語ってくれ』

 


「私」は同じ徒弟の鶴川という少年と親しくなった。東京近郊の裕福な寺の少年で容姿も性格も申し分ない少年だった。

 


直感で、この少年は金閣を愛さないだろうと、「私」は思う。自分の金閣への偏執は自分の醜さのせいにしていたからだった。

 


「私」は鶴川少年に父を失った感情をうまく説明できず、もどかしい思いだった。感情にも吃音があり、いつも間に合わないのだ。

 


空襲で、この美しいものが遠からず灰になるのだ、と思うと現実の金閣は現象界のはかなさの象徴に化し、心象の金閣寺に劣らず美しいものになった。

 


父の一周忌に母親が金閣寺を訪れ、岬の寺を処分した、先はもうおまえは金閣寺の住職になるしかない、と言う。「私」は驚いた。もともと母親は不倫したことがあり、「私」は嫌悪している。

 


▶︎孤独と女性関係の挫折

戦争も終わり、「私」は鶴川とともに大谷大学に進学する。鶴川の友人が増えていくのに対し、「私」は孤立を深めていく、そんな中、柏木という強度の内飜足の学生と話しをするようになる。彼は鶴川と対照的な性悪で詐術を弄する男だが、「私」は親しみを感じる。

 


柏木に紹介され女を抱くが、金閣寺が現れ失敗する。その日、東京に戻っていた鶴川が事故死したという電報が金閣寺に届く。

 


「私」は、誰ともほとんど口をきかぬ生活をし、鶴川の喪に 1年近くも服していた。

 


「私」は再び柏木と会う。そして柏木が捨てた女を抱こうとするが、再び金閣寺が現れ挫折する。

金閣に向かって、私は呼びかけた。「二度と私の邪魔をしに来ないように、いつかは必ずお前を我が物にしてやるぞ」

 


▶︎『金閣寺を焼かねばならぬ』

祇園の芸妓と新京極を歩いている金閣寺の老師を目撃してしまった「私」だが無視され、老師の憎悪する顔が見たいという欲求にとらわれる。そして老師を脅すような真似をすると、老師は「もうおまえを後継にするつもりはない。」と明言した。

 


「私」は学校もさぼるようになり、柏木に金を借り出奔する。

 


旅の舞鶴由良川沿いを河口に向かって歩く。そして目の前に裏日本の海が広がった。この海が「私のあらゆる不幸と暗い思想の源泉、私のあらゆる醜さと力との源泉だった。」

荒涼とした自然の中、突如ある想念が浮かんできた。

金閣寺を焼かねばならぬ』

 


▶︎なぜ愛する金閣寺を焼くのか?

「私の吃りは私の美の観念から生じたものではないかという疑いが脳裡をよぎった。」

『美は‥‥美的なものはもう僕にとっては怨敵なんだ』

 


世の中の美を破壊しようと思ったら、生きているものは殺しても次々と生まれてくる。国宝の金閣寺を破壊すれば、取り返しのつかない破壊となる。

 


▶︎誤った認識に気づかされても‥

ある日、柏木が「私」の借金を返してもらおうと老師に訴えた。老師から寺を出て行けと言われ、私は決行を急ぐことを決める。

 


「私」は柏木に死ぬ直前に送られてきた鶴川の形見の手紙を見せられた。鶴川は「私」と柏木の交遊を非難しながら、柏木とこれほど密に付き合っていたのだ。手紙の文章は例えようもなく下手だった。読み進むにつれ、「私」は泣いた。そして鶴川の「僕は生まれつき暗い心を持って生まれていた。僕の心は、のびのびとした明るさを、ついぞ知らなかったように思える」という一文は「私」を愕然とさせた。

 


明るく誰からも好かれ、幸福そのものに見えていた鶴川は、そうではなかった。どこにでもある小さな恋愛事件のため自殺したのだった。

 


柏木は、「私」が何事かを企んでいることを察知しこの手紙を見せたのだった。

「それを読んで人生観が変わったかね。計画はみんなご破算かね」

しかし、「私」は世界を変貌させるのは決して認識なんかじゃない、行為なんだ、と答えた。

 


そして「私」はついに犯行に及んだのだった。

 


#日本文学 #長編小説 

#読書ノート #読書記録

#読書好きさんと繋がりたい