猫の本棚名作紹介ブログ

古今東西の名作を紹介します。読書で人生を豊かに。

シーシュポスの神話② 不条理な論証 不条理と自殺

#不条理な論証

#カミュ

 

▶︎真に重大な哲学上の問題

それは自殺ということだ。

人生が生きるに値するか否か、人生の意義を判断する、これが哲学の根本問題に答えることなのである。

あらゆる本質的な問題について、ー本質的問題とは、ときにひとを死なしめるかもしれぬ問題、あるいは生きる情熱を十倍にもする問題をいうのだがーおそらく思考方法はふたつしかない。ラ・パリス的な思考方法とドン・キホーテ的な思考方法とである。つまり明証性と情熱的態度との均衡によってのみ、ぼくらは感動と明晰とに同時に至ることができる。

 


 ここでまず問題にしようとしているのは、個人の思考と自殺との関係である。自殺という動作は、偉大な作品と同じく、ひとの心の内部で準備される。

 では、どのような感覚が自殺へと向かわせるのか。説明できる世界は、親しみやすい世界だが、反対に、幻と光を突然奪われた宇宙の中で、人間は異邦人と感じる。人間とその生との、俳優とその舞台との断絶を感じとる、これが不条理性の感覚である。

 この試論の主題は、まさしく、不条理と自殺との間の関係、自殺がどこまで不条理の解決となるかということである。

 


▶︎≪体をかわす≫とは

「たくみに体をかわす」動き、それは希望である。死後にもうひとつの生を「ご褒美として生きられる」ようにならなければいけないと考えて、そのもうひとつの生を希望する、いやそれは希望というよりはむしろ欺瞞だ、生そのもののために生きるのではなくて、生を超えたなんらかの偉大な観念、生を鈍化し、生にひとつの意義をあたえ、そして生を裏切ってしまう偉大な観念のために生きている人びとの欺瞞なのだ。

(「狭き門」のアリサのような人のことを言っているのだな)

人生が生きるに値しないから人は自殺するのだ、これは自明の理である。しかしこのように生存を侮辱し、このような否認の中へと投げ込んでしまうのは、生存にはいささかも意義のないということから由来するのか。生存の不条理性は、ひとが希望あるいは自殺によってそこから逃れることを要求するものなのか。これこそ何よりも優先すべき問題である。

 


 この問題を考えるには不条理な論証によるしかないが、この論証をきびしくつらぬくには真の努力が必要だ。

 

 

 

f:id:nekonohondana:20210219225158j:image


#シシューポスの神話

#フランス文学 #哲学

#不条理文学  #不条理

#読書ノート #読書記録

シーシュポスの神話① カミュの『不条理』とは

カミュの『不条理』とは

翻訳者である清水徹氏の付記によれば、

 


 基本的には、形容詞 absurde を「不条理な」、名刺 l’absurde を「不条理」と訳している。


 普通のフランス語としては、absurde とは「なんとも筋道の通らない」「意味をなさない」「荒唐無稽な」という意味で、つまり、論理や常識を破っているばかりか、それ自体として矛盾しているためとても考えられないような状態や行為に対して言われる言葉である。

 たとえていえば、水に濡れないつもりで川の中に飛びこむーこれが absurde な行為なのだ。

 だから、この一部の表題 raisonnement absurde にしても「不条理な論証」と訳したが「理屈にならない理屈」「なんとも筋道の通らない論証」というような意味になるだろう。


 ところでカミュは、この l’absurde を特別な使い方をして、「この世界が理性では割り切れず、しかも人間の奥底には明晰を求める死に物狂いの願望が激しく鳴りひびいていて、この両者がともに相対峙したままである状態」を「不条理」という。不条理はこうした対立関係のことだと説明している。とすれば、こうした定義不可能なものーなぜなら定義するとは理性の領域内での仕事であり、「不条理」は理性の外にある一関係なのだからーを出発点として、そこから出てくる帰結をさぐる、それは通常の論理の手続きを超えており、当然「理屈にならない理屈」「論理的論証とはならないが、それでもあろうとする「論証」の形をとるだろう。

「不条理な論証」raisonnement absurde の意味をここまでひろげても間違いではあるまい。


おそらくカミュは「不条理な」という言葉に独特な力と重さを加えてかれの基本概念としている。

 だから読者はこの言葉に対し、もともとの意味に加え「≪不条理な≫状態にある」あるいは「≪不条理な≫状態にある人間から発した」という意味で読んでいただきたい。

とのことです。

不条理に明確な定義は、少なくともカミュの文学上は困難ということでしょうか‥必要性もないのでは?小説の中に「不条理」という言葉はいらないですし。

 

不条理というと凄くむずかしく感じるので、わたしは頭の中で、自分がよく用いる「理不尽」に置き換えています。「荒唐無稽な」というニュアンスには欠けますが‥‥

どうしても不条理と言われても、何もイメージが湧かないのです。

 

#シーシュポスの神話

#カミュ

#ドイツ文学

#小説

#不条理f:id:nekonohondana:20210219174734j:image

#読書記録

 

 

 

 

 

『ペスト』カミュ

f:id:nekonohondana:20210218200224j:plain

カミュ1957年戦後では最年少の43才でノーベル文学賞を受賞、1960年交通事故で亡くなった。


物語は、フランスの植民地であるアルジェリアのオラン市をペストが襲う。194*年4月最初の死者が確認されてから、流行が収束しロックダウンが解除される翌年の2月まで、主人公の医師、判事、神父、新聞記者、様々な登場人物が次第に連帯しながら災禍に立ち向かう姿をドキュメンタリータッチで描く。

すべてのエピソードがコロナ禍の現状と重なり、リアルに感じらる。

私が特に印象に残ったのは、判事の息子が感染し、実験的な血清療法を受け苦しみながら亡くなった場面。父親の判事は隔離され、死に目にも会えなかった。

それまで、ペスト禍は罪深き人間への報いだと説いていた神父は、何の罪もない子供が苦しんで死ぬのを目の当たりにして考えを変える。


実際に起きたことなのか?と思わず調べたが、

オラン市で実際にペストが発生したわけではない。

物語の最後、歓喜に沸く町で、医師リウーは思う。ペスト菌は決して死ぬことも消滅することもない。‥‥おそらくはいつか、人間に不幸と教訓をもたらすために、ペストがふたたびその鼠どもを呼びさまし、どこかの幸福な都市に彼らを死なせに差し向ける日が来るであろう。


#ペスト #カミュ #読書 #読書記録 #本 #小説 #フランス文学